ビジネスシーンでは身だしなみが大切です。しかし、スーツやシャツがきちんとしていても、小物に気を遣っていないとちょっと残念です。その中でも意外と見られているのが名刺入れです。取引先の方と初めて対面するとき、必ず名刺交換をしますよね。その際、名刺入れは必ず見られます。センスの良い上品なものであればそこから話題が作れたりしますが、逆に間に合わせのものだったり、あまりにも年期が入っていると良い印象は得られません。そんな第一印象に影響する名刺入れ選びのポイントをご紹介します。

まずは素材です。一番のおすすめは革素材のものです。仕切りやポケットがあるものが多いので整理がしやすく、マチもあるのでたくさん収納ができます。手になじみやすく高級感もあります。しかし、仕切り等がある分中に入れた名刺が引っかかって出しづらく、時には曲がってしまうこともあります。

金属製や木製のものであれば、引っかかりが少ないのですぐに名刺が取り出せて名刺に傷がつきにくいです。コンパクトなのでスーツのポケットにしまうこともできます。しかし、仕切りやマチがないものが多いので収納力はあまりありません。

次に見た目です。高価なブランド物や派手なものは、話のネタになったり印象に残ったりしますが、嫌味に感じられたり遊びと混同していると思われたりするかもしれません。一方、無地のシンプルなものは真面目なイメージを持たれますが、印象には残りづらいでしょう。

ただ、やはり営業職などで話を盛り上げたい方もいるでしょう。そんな方には一見シンプルでもワンポイントが施されていたり、名刺入れを開いたときに柄が見えるなどさりげないおしゃれ名刺入れがおすすめです。

様々な職業があるので、その職業や自分の使い方に合った名刺入れを選ぶことが大切です。また、あまり買い換えないものですが、汚れや傷が目立ってきたらきちんと新しくすることも大切です。皆さんも今一度ご自身の名刺入れをチェックしてみてください。

Leave a comment

Your email address will not be published.

*